Takafumi Toriyama Lesson-Report final
鳥山高史さんのガラスと夏素材の器で美味しいレッスンレポート!
  鳥山さんの作品とお料理のご紹介を…!   
c0166872_189486.jpg

・泉州早生玉ねぎと河内鴨つみれ煮  木の芽
玉ねぎの甘味と、ほろほろ柔らかい鴨ミンチのつみれ。 じわ~っと旨みあふれるお椀です。
c0166872_1153467.jpg
漆器というと、寒い時期のイメージをお持ちの方も多いかと思いますが、ガラスとのコラボにあわせ夏の意匠である「網目」と、夏の花「てっせん」が描かれたもので設えました。 ガラスの器が続く中に、他の素材を入れるとアクセントになりますね。

・鯛の南蛮焼き
黒酢のたれで鯛と夏野菜をからめた一品です。 こちらもガラスのプレートを使って。
c0166872_12141779.jpg
鮮やかな色合いの野菜に天盛にされた薬味がさわやかです。夏の炒め物や焼き物は、素材の色がストレートに美しく出るガラスのプレートへの盛り付けも涼しげで素敵です。
c0166872_0273915.jpg


・鯛と羽曳野豌豆 御飯
c0166872_1340897.jpg
季節の美味しさ「豆ご飯」ですが、鯛の旨みも加えてご馳走ご飯です。毛馬きゅうりの漬物と水茄子糠漬けを添えて。
最後のご飯はいろいろな飯椀で楽しく。
c0166872_13455490.jpg


・ココナッツ入り、冷やし汁粉
c0166872_13592963.jpg
夏の冷たいデザートは、和風もうれしいですね。 こちらは、さつま芋やゆりねも入った具沢山の冷やし汁粉です。
揺らぎのあるグラスに入れて、お出ししました。 具が層になってかわいいです。
c0166872_141821.jpg
広里さんは、すでにご紹介している通り辻調理師学校で先生もされていました。
いわば、正統派の和食のプロでいらっしゃるのですが、作られるお料理はとってもバラエティに富んでいて家庭で真似の出来るアイディアが盛りだくさんです。

確かな技術ときちんとした知識、豊かな経験に基づいたお料理は、素材の美味しさをさまざまに引き出して、滋味たっぷり。
素材の下ごしらえのコツなども、プロならではの知識で教えてくださいました。
c0166872_1740382.jpg
器と料理の取り合わせを大事にする和食ですが、今回もガラスの器を素敵に演出するお料理や、盛り付けのコツなどもたくさんご紹介いただきました。
手際よく無駄なくお料理を作られる様子も、さすが!
あれこれ注文の多い(笑…)企画のレッスンなのですが、いつも軽やかにさらりと応えてくださって、本当に感謝です。

ありがとうございました。
c0166872_17272737.jpg
鳥山さんも、この時期はガラスの作家さんが一番忙しい時期で、作品展やクラフトフェアへの出品も目白押しです。
しかし、Abundanteレッスンのためにお皿を作ってくださったり、いろいろな演出のアイディアを出してくださったりと、本当にありがたいことでした。
もの作りにひたむきで、まっすぐ向き合っていらっしゃることが、お話の中からとてもたくさん感じられ、ご自分の作品に対して熱い気持ちを持っていらっしゃることが、皆様によくご理解いただけたことと思います。
c0166872_17355039.jpg
ガラスの作家を目指された経緯や、「こういうものを作りたい」ということもお話下さったのですが、作品に付けられたタイトルからもうかがえるように、鳥山さんの「想い」が感じられるお話でしたね。

お忙しい中、たくさんの作品を制作下さって本当に感謝です。 「緊張しますよ~」と言われながらも、みなさんの質問にきちんと答えて下さっている姿は、自信に溢れとっても落ち着いていらっしゃいましたね。

レッスン後のお話の中では、「冬のガラス」の話題も出て、夏のものと思われがちなガラスを、冬にも使ってもらいたいという話に… クリスマスやお正月などの華やかな行事が続く冬は、光を集めるガラスの器のもう一つの活躍のシーズンでもあると思います。
実現できたらいいなぁ~、「冬のガラス」!

日本人独特の「涼」という感性が、これから食卓に欲しいシーズンになってきます。 
ガラスという素材は、「涼」の演出にはやはり欠かせず、そこに他のいろいろな素材のものをプラスすることで、食卓のしつらえもぐんと広がります。
c0166872_17454473.jpg
皆さんの、涼やかな食卓の演出のヒントにしていただければ幸いです。

[thank you!]---------------------------------------------------------------------
Abundanteにお越しの皆様が、とっても素敵にBlogや写真でご紹介くださっております。
yoko_mama 様のBlogへ・・・
akkochan-sukisuki 様のBlogへ・・・
tsuyu 様のBlogへ・・・
lassanai 様のBlogへ・・・
kichoのタカ 様のBlogへ・・・
皆様、ありがとうございました。
---------------------------------------------------------------------[thank you!]



by seido301 | 2011-06-01 12:23 | レッスン | Comments(0)
<< テーブルの小さな素敵33 Takafumi Toriya... >>



               イクタの器・LOVEな毎日
by seido301