マルチな才人 ~漆・土井宏友さん~
先日、難波の高島屋さんでの土井宏友さんの個展に伺ってきましたが、
素敵な作品がたくさんでした。
c0166872_9465050.jpg
漆LOVE・LOVEなイクタ、「あれもいい・これもいい」と目移りしてしまい、しばし興奮…。

土井さんは漆作家さん。大学で日本画を勉強された後に輪島で漆の修行をされたそうです。
初めて拝見したのは4,5年前でしたが、その多才さにはいつも感心してしまいます。
天才的な閃きの持ち主!といつもうなってしまいます。
漆と言えば「木」との組み合わせが一般的。紙や布に漆をかける技法もありますが、
土井さんは金属や皮革にも漆を塗って作品を作られます。
9000年も前からすでに塗料や接着剤として使われていたという「漆」、
その技法にもたくさんの種類があって驚くほどですが、
土井さんはさらに新しいものを生み出されています。
もちろん受け継がれてきた伝統技法のものもしっかり作られています。

c0166872_9483865.jpg
こちらは、「ケヤキ平角皿 銀朱」。
7寸角で、真ん中に向けて緩やかにわずかな窪みを描いた美しい形。
「銀朱」の朱色は鮮やかさの中に落ち着いた雰囲気が感じられる奥行きのある色です。
厚みのある器なのでお料理が盛り映えします。上品で華やか、格もある器。
モダンにもクラシックにも使える幅の広さもありますよね~。
クリスマスやお正月のテーブルにも活躍してくれそう。

c0166872_9513960.jpg
外側の塗りに錫の使われているおしゃれな端反椀。錫のシルバー色が渋くてめちゃくちゃ素敵です!
この形、すごく使いやすくてオススメです。
汁物だけでなく、煮物や和え物、ご飯、、デザートまでなんでもOK。
和のお料理だけでなく、洋や中華となんでもござれ。すごく重宝する形です。
洋食器と合わせてもとってもモダンでかっこいい。

c0166872_9532571.jpg
漆の器って、お料理がワンランクレベルアップして見えるように思います。自然と「ご馳走感」が出るというか…。
きちんと作られた本物の漆の器ならではの懐の深さでしょうか。

c0166872_9591120.jpg
イクタ個人的に「もうこれ絶対欲しい~」と燃えて(萌えて)しまったのがこちら。
「ケヤキ削り出し織部塗小皿」です。なんとまあ手の込んだキュートな小皿!…とため息モノです。
c0166872_1022957.jpg
本当に織部の緑釉のような深い緑ですが、これも漆だそうです。形も超好み。裏の脚まですべて削り出しで出来ているとは恐れ入りました!
こんなもの作れちゃうってホント天才です、土井さん。

やはり時節柄でしょうか、年末が近くなると漆器の展示が増えて作品展などの催しも多くなります。
一年で一番いろいろな漆器を目にすることができる時期と思います。
漆器は一年中使える本当にすばらしい器ですが、
「特別なもの」と敷居が高く思われる方も多かったり、「扱い方や手入れが難しいのでは?」と敬遠されたりするのはとても残念。
この時期を機会に、いろんな漆のうつわをご覧になっていただきたいと思います。
使ってみると美しくて丈夫で安全で長く使える本当にやさしい器なのです。
まずは使いまわしの利く気に入ったものを選んで、日々の器としていろいろな場面に使っていただきたいと思います。

土井さんの漆器、Web shop MITATEでもご紹介していきます。
お問い合わせなどはこちらまでどうぞ…!→Click here!

by seido301 | 2010-11-25 09:38 | 作家さんのこと | Comments(4)
Commented by xiangpian at 2010-11-25 22:10 x
金沢&山中温泉に行ってきました~
はい~塗り物関係、たくさんありました~  でも、買えなかったです^^
それにしても、ご紹介の漆、ほんとモダンでひと目見ただけで上等のものという気がしますよ。  そうそう、お料理がワンランクアップして見えそう。  お正月も近いし、欲しくなりますね♪
そして、この織部色の器、私も萌えますです。 形がいいですね、しかも脚がついてる・・・  IKUTAさん、お買いもとめになったのかしら?
いいなぁ。

追記 相変わらず、そちらからのアクセスが多く、かなりビビッっています 私  笑  
Commented by ikkopu-jp at 2010-11-25 22:38
またまたツボにハマってしまいました☆
Ikutaさんのブログってホントに危険です〜(笑)
錫のシルバー色のお椀、どちらもメチャメチャかっこいいですね!しなやかな形もまたとーっても素敵☆
何度も眺めに来てしまいそうです^^
Commented by seido301 at 2010-11-26 09:39
xiangpian さん、こんにちは^^
いいなぁ~、この時期の金沢と山中温泉!! 器関係モリモリ充実の地ですしね~^^ 美味しいものもたくさんだったでしょう? 
土井さんの漆器、伝統とモダンが両方感じられてとてもオススメです。金属に漆をかけたタイプのものがあるのですが、それも素敵です。
xiangpian さん、お好きそう…♪ 
この時期になると目にする機会も増えて特に欲しくなりますよね。
織部色の漆器、5~6センチのサイズといい、緑の漆といい、足まで削り出しなところといい、萌えポイントいっぱいです。ただあまりにマニアックかなぁと思っていたのですが、萌え友がいてくださってよかった^^v
はい、こちらは個人的に買わずにいられませんでした…^^;
xiangpian さんブログ、とっても楽しくて素敵だから、一度見られた皆さんがそのまま愛読者?になられているのかも。ただし、なぜか皆さんサイレントウォッチャーなのですよね^^;
Commented by seido301 at 2010-11-26 09:53
ikkopuさん、こんにちは^^
ikkopuさんもツボでしたか~!きっとそうかも…って密かに思っておりましたです。
危険地帯にあえて飛び込んでくださるikkopuさん、素敵で~す 笑
土井さん、すごくアイディアマンで、漆をいろいろな形で提案してくださいます。革とか金属とかにも漆をかけてとてもかっこいいおしゃれなものを作られるのですよ。またご紹介していきますね^^v 
錫のかかったお椀、この形も錫の渋いシルバー色もいろいろコーディネートが出来そうでとってもいいなぁ~と思っています。扱いもしやすいです。天然原料の木と漆でひとつひとつきちんと作られていて、大切に使いたくなる器です。
どうぞどうぞ、何度でもまた眺めにきてくださいね~^^
<< レッスンのお知らせです テーブルの小さな素敵22  ~... >>



               イクタの器・LOVEな毎日
by seido301