夏のテーブルクロス!
器の話が続く・続くなので、少し方向を変えて…
c0166872_922979.jpg
久しぶりに引っ張り出してきたテーブルクロス!
今使っているテーブルの一つ前のものに合わせたサイズなので、大きくなったテーブルには横幅が足りません。 でも、どれも気に入った生地から選んでオーダーしたものなので、大切にしています。
テーブルクロスは面積が大きい分、コーディネートのイメージ作りに大きく影響します。 色・柄・素材、季節やテーマ・シーンに合わせたものを選びたいですね。

夏場はやっぱり涼しげなものを…ということで、透け感のある素材のもの、おススメです。
c0166872_9111985.jpg
私のクロスはほとんどがカーテン生地から出来ていますが、こちらはいわゆるレースのカーテンの生地。
カーテンに使うファブリックは、インテリアのトレンドスタイルからも影響されるので、適度に流行も取り入れやすくバリエーションも豊富です。
c0166872_9154463.jpg
一枚でさらりと使ってもいいし、下に無地の色物のクロスを重ねて使うと雰囲気をいろいろ楽しめます。

他にも透ける素材のクロスいろいろ…
c0166872_10314884.jpg
色や柄で夏らしいものも。
エスニックなメニューが多くなる夏、ちょっと大胆な柄のものも合いますね。

夏限定というわけではないのですが、↑の紫の薄手の麻のクロスはとってもお気に入りのもの。
フランスのファブリックだけあって発色がとても綺麗で上品です。単色だと単調になるかと思い、額縁のように全体に回した同素材のグレーの縁取りのデザインがとても好きです。
紫という色、和でも洋でもオリエンタルでも、いろんな雰囲気に馴染みがよくて使い回しがききます。
夏はブルーと合わせると大人っぽくて品があって素敵ですね。

正直、クロスを敷くと汚れが気になって…と最近の普段の食卓では敬遠しがちでいましたが、器と同様、クロスの役割も大きいと再認識! めんどうくさがってないで、もうちょっと活躍させてあげなくちゃ…ですね。

by seido301 | 2010-06-16 10:33 | Comments(0)
<< 盌 静かの海 新見麻紗子作 届... 涼感の素材7 ~染付の器~ >>



               イクタの器・LOVEな毎日
by seido301