<   2014年 06月 ( 4 )   > この月の画像一覧
花のための木の器
花のための木の器  ~中西洋人さん~

c0166872_15151658.jpg


2年ほど前から気になっていた中西洋人さん。
先日、念願叶って作品を拝見する機会がございました。

独特の世界観を持った中西さんの作品、やっぱり惹き込まれました。

c0166872_15165181.jpg


朽木を材料に、ろくろ挽きや刳ったりして壺状の花入れを作られています。
朽ちたり、虫食いがあったりするものが素材。

通常の木工作品とは違う側面から、素材にアプローチされた作品です。
枯れて風化した木を使って作られた作品の表情は、あやうくてちょっと退廃的な
しかして独特の美しさをイクタは感じました。

欠けた部分を想像しながら、完成形を創り出すような感覚です。

深い世界…

c0166872_15204176.jpg


今回イクタは、比較的安定した感じ(…笑)の作品を選びました。
ひび割れの部分に留め具が施してありますが、それがアクセントにもなっています。

一枝、夏の緑なんかを挿して飾りたい。






フリュイベールご注文承ります。

c0166872_10313748.jpg

■¥1,296-(税込・送料別) 50g入り
○加工国:フランス
○原産国:中国
○水だし抽出時間:60分(春先の目安です。 気温やお好みにより調整ください)
○ホット抽出時間:2分30秒(湯温:80度~85度)




[information]---------------------------------------------------------------------
Abundante 「作品展・企画」等、新たなプランを計画中です!
おたのしみに~!

【 Abundanteの常設について 】
※ご来店希望の方は、事前にご予約をお願いいたします:メール・お電話・ファックスにて!

c0166872_10215218.jpg






作品はもちろん、企画レッスンのエントリーフィーにもご利用いただけます。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
---------------------------------------------------------------------[information]




by seido301 | 2014-06-16 15:23 | うつわ探し | Comments(0)
涼茶  ~フリュイベール~
梅雨の蒸し暑さが続きます。

c0166872_1139794.jpg


どうしても爽やかで冷たい飲み物が、つい欲しくなります。
今年も夏のお茶の定番、機石荘さんのフリュイベールが入荷いたしました!

c0166872_10313748.jpg


白桃・キウィ・スイカの爽やかな香りと緑茶の味わいです。

フリュイベールは、ちょっとした夏のおすそ分けや手土産に重宝しています。

私の目覚めの一杯のお茶も、6月からはこちらにしました。
お気に入りの関野亮さんのgobletに入れて… 水色も美しく爽やかです。

c0166872_11414024.jpg




ご注文承ります。

■¥1,296-(税込・送料別) 50g入り
○加工国:フランス
○原産国:中国
○水だし抽出時間:60分(春先の目安です。 気温やお好みにより調整ください)
○ホット抽出時間:2分30秒(湯温:80度~85度)


フリュイベールはここ数年、不動の「夏のお茶」定番。
爽やかな香りとすっきりした飲み口、水出しが特に美味しく清涼感たっぷりです。

c0166872_0271099.jpg





[information]---------------------------------------------------------------------
Abundante 「作品展・企画」等、新たなプランを計画中です!
おたのしみに~!

【 Abundanteの常設について 】
※ご来店希望の方は、事前にご予約をお願いいたします:メール・お電話・ファックスにて!

c0166872_10215218.jpg






作品はもちろん、企画レッスンのエントリーフィーにもご利用いただけます。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
---------------------------------------------------------------------[information]




by seido301 | 2014-06-11 11:49 | お知らせ! | Comments(0)
夏じたく 弐
羽生野亜さんの作品に出合って、すでに10年近く…

c0166872_11505729.jpg


昨年お伺いした、自由が丘WASALABYさんでも展示されていました。
関西での作品展を拝見するのは初めてでした。

今回特に魅かれたのは、飾り台。

c0166872_1152947.jpg


佇まいが美しくアーティスティックな羽生さんの作品はずっとファンでした。
独特の色調と質感の木と鉄との組み合わせが素敵な飾り台はオブジェのようです。
軽やかさも感じて、夏のインテリアに取り入れたくなりました。

大きな家具を替えるのは難しいですが、コーナーを演出する小さな家具は季節の
支度に取り入れられます。




関阿由さんの綿麻のマット
「ハンカチ」として販売されていましたが、小さめのテーブルマットとして使いたくて選びました。
手織りの気持いい夏らしい質感とナチュラルな色の組み合わせがとてもお気に入りです。

c0166872_1154139.jpg


長谷川まみさんの銀のスプーン
目にも涼やかな小さなスプーンです。アクセサリーのような感覚がする長谷川さんのカトラリーは、気に入ったものを少しずつ集めていますが、この夏は華奢で愛らしいこのスプーンが仲間入りしました。








[information]---------------------------------------------------------------------
Abundante 「作品展・企画」等、新たなプランを計画中です!
おたのしみに~!

【 Abundanteの常設について 】
※ご来店希望の方は、事前にご予約をお願いいたします:メール・お電話・ファックスにて!

c0166872_10215218.jpg






作品はもちろん、企画レッスンのエントリーフィーにもご利用いただけます。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
---------------------------------------------------------------------[information]




by seido301 | 2014-06-10 11:54 | 四季のうつわ | Comments(0)
夏じたく 壱
梅雨入りもまだなのに猛暑日が続いています。
急な気温の変化に身体がついて行けず、ばてそうです…

せめて身の回りだけでも涼しげに…ということで、夏のしたくをあれこれと。

京都 阿以波さんのうちわ。

c0166872_14583537.jpg


扇風機やエアコンのお世話になっても、やっぱり手放せないうちわ。
目にするだけでも涼を感じます。

阿以波さんは京うちわの伝統を伝える唯一の老舗。
元禄2(1689)年創業、現在のご当主は10代目だそうです。
c0166872_1565928.jpg

ずっと欲しいと思っていたので、今年は思い切ってお取り寄せ。
飾っておいても美しく、なおかつ使えるものをということで選んだのが、
片透うちわの「あゆ」と透かしうちわの「波紋」。
意匠の美しさと繊細な細工にはため息が出ます。

c0166872_1503664.jpg





関野亮さんのgoblet

c0166872_15121027.jpg


一客ずつ違うデザインのグラス。
昨年作品展で拝見して一目ぼれしたもので、一年越しでようやくお迎え出来ました。
c0166872_15214061.jpg

夏の食卓はシンプルな感じにまとめることが多いのですが、その分グラスを少し
デコラティブに。
素材がガラスなら、装飾的なデザインもすんなり馴染んでくれます。

飾っておいても素敵です!

c0166872_1521167.jpg






[information]---------------------------------------------------------------------
Abundante 「作品展・企画」等、新たなプランを計画中です!
おたのしみに~!

【 Abundanteの常設について 】
※ご来店希望の方は、事前にご予約をお願いいたします:メール・お電話・ファックスにて!

c0166872_10215218.jpg






作品はもちろん、企画レッスンのエントリーフィーにもご利用いただけます。
今後とも、どうぞよろしくお願い申し上げます。
---------------------------------------------------------------------[information]




by seido301 | 2014-06-03 15:22 | 四季のうつわ | Comments(2)



               イクタの器・LOVEな毎日
by seido301