<   2011年 09月 ( 11 )   > この月の画像一覧
速報☆ BonChic Vol.5 届きました! » PLUS 1 LIVING
[information 1]---------------------------------------------------------------------
☆News! PLUS 1 LIVING » BonChic  table-style Lesson開催
詳細・お申込はこちらより → Click here!
---------------------------------------------------------------------[information 1]

c0166872_19244682.jpg
DATA: 「BonChic vol.5」 別冊PLUS 1 LIVING 主婦の友社 本体1400円+消費税
2011/9/30 発行 URL http://natural-life.shufunotomo.co.jp/


イクタ流Abundante-styleを、素敵にご紹介くださっております。
是非、ご覧下さいませ!

c0166872_19282639.jpg


by seido301 | 2011-09-29 19:34 | お知らせ! | Comments(6)
お茶のある美しい暮らし
[information 1]---------------------------------------------------------------------
☆News! PLUS 1 LIVING » BonChic  table-style Lesson開催
詳細・お申込はこちらより → Click here!
---------------------------------------------------------------------[information 1]


~深澤里奈さんの新刊~
c0166872_1732952.jpg
DATA: お茶のある美しい暮らし ~心が豊かになる茶の湯の旅 tea journey~ (ワニプラス)
ワニブックス 本体1,500円+消費税  2011/9/5 発行


この数年、3時のお茶はもっぱらお抹茶と和菓子。
お茶のお道具も、大好きです。 ただし、お手前は自分流… キッチンでシャカシャカ点ててテーブルでいただくというスタイルです。
c0166872_17585255.jpg


茶の湯が、最近若い人にブームと聞き、和のスタイルのカフェもずいぶん増えました。
コーヒーや紅茶を飲むと同じように、お抹茶を普通の「飲み物」として受け入れて気軽に楽しむ人が増えているのですね。

「リラックスして抹茶を楽しんでもらいたい」という思いから、茶の湯のワークショップ
「tea journey」を立ち上げられた深澤里奈さんが、「お茶のある美しい暮らし」を
出版されました。
c0166872_17463511.jpg


これから抹茶を楽しもうかな…と思っている人たちにぴったりの入門の書です。
深澤さんが、お茶と向かい合われている心持ちや、一服のお茶の中に込められた想いなどと共に、テーブル茶の基本や簡単な作法、お道具やお菓子のことなど分かりやすく書かれています。

個人的には、Abundanteでもご紹介している「la_maison_de_vent 鈴木麻起子」さん作のお茶碗がたくさん登場しているのもうれしいポイントです。
c0166872_17472016.jpg


7月のレッスンでご紹介した、wagashi asobiさんのお菓子も紹介されています。

身近にあるものを使っても十分に楽しめるお抹茶、ぜひぜひみなさまも!



e0160398_11294259.gifweb-shop MITATE 更新情報をお知らせいたします!

鈴木麻起子さんの作品を、お取扱いしております!
是非ご覧くださいませ。 → Click here!

by seido301 | 2011-09-28 17:50 | 器・LOVEのきもち | Comments(2)
漆展 -新しい漆のかたち-
c0166872_9305315.jpg
DATA:漆展 -新しい漆のかたち-
2011/9/3(sat) - 10/2(sun) am10:00 - 18:00
伊丹市立工芸センター 兵庫県伊丹市宮ノ前2-5-28  072-772-5557




先日ご案内した「祇をん小西」さんで作品展を開催中の井川健が、出展されている若き漆作家さん達の作品展です。
Abundanteでもご覧になった方がいらっしゃると思いますが、青木良太さんの水指の蓋をコラボ作品で作っていただいた村田佳彦さんも出展されてますよ!

c0166872_946279.jpg




芸術の秋、まだまだ続く素敵な作品展を是非ご覧になってくださいませ!

by seido301 | 2011-09-27 09:47 | 作品展 | Comments(0)
PLUS 1 LIVING » BonChic  table-style Lesson開催
              Abundante 10月レッスンのお知らせ
              ~秋のテーブルコーディネートレッスン~
         PLUS 1 LIVING » BonChic  table-style Lesson開催
c0166872_1133188.jpg


一気に秋がやってきました。 あんなに厳しかった残暑は、なかったことのように…

お待たせしておりました、Abundante10月のレッスンのお知らせです。
9月末発売予定のプラスワンリビング別冊「Bon Chic Vol.5」に、イクタのご提案するテーブルのしつらえやそのコツとアイディア、おすすめの器ワードローブなどの特集記事を掲載していただきます。

今回、PLUS 1 LIVING » BonChic  table-style Lessonとして
~秋のテーブルコーディネートレッスン 深まる秋に・彩りの食卓~ を開催いたします。

ようやくの秋の訪れ、美味しいものもたくさんのこれからの季節は食卓のしつらえもいろいろ楽しめます。 しっとり落ち着いた秋の風情や大地の香り豊かな彩りの食卓などのテーブルのアイディアやヒントがたくさんの、秋を演出するコーディネートや、秋に使いたい器やテーブルアイテムを、デモンストレーション形式で沢山ご紹介していきます。

「Bon Chic」の撮影でご紹介したテーブルの再現もまじえて、是非皆様にご覧いただきたいと思っております。

レッスン後には、お楽しみのランチもご用意しています。
今回は、Abundanteで初めてご紹介いたします料理家 石本博子さんにお願いして、「秋の彩りランチ」をお楽しみいただきます。

【ご紹介】
ル・コルドンブルー神戸校にてフランス料理ディプロムを取得された石本さんは、お菓子はパリのecole de cuisine ALAIN DUCASSEで研修を受けられたという本格派です。
  
世界各国のお料理もお得意で、利酒師!の資格もお持ちというマルチな方。
「“家庭”ならではの心を込めたおもてなしを・・・」をモットーに、料理の過程や素材の吟味に心を配ったお料理をご紹介くださいます。

【レッスン開催日】
10月20日(木)余裕ございます
21日(金)22日(土)満席につきキャンセル待ち
各日 AM11:00 - PM1:00
レッスン後、ランチのおもてなし!

【定 員】
各5~8名様

【レッスン料】
会員 7,500円 / 一般8,000円 
ご友人・ご姉妹の方など、お申し込みの際に同伴の旨イクタまでお伝えください。
※ご注意!: キャンセル料は、前日及び当日は全額、前々日は¥3,000-頂戴いたします。ご了承下さいませ。
    
【ご覧いただくテーブル(予定)】
・「新感覚の器使いで」おもてなしテーブル ~彩りの秋テーブル~
実りと彩りの季節「秋」をイメージしたコーディネートをご紹介します。
秋に向けて使いたい和洋の器やテーブルリネン、花のアレンジやあしらいなど、シックな秋の食卓作りのヒントがたくさんです。

・秋の素材でつくる豊かな食卓 ~手仕事の和・素材を使って~
しっとり落ち着いた風情のさまざまな素材の秋の器を中心に、季節感あふれるしつらえにふさわしい手仕事の和の素材を使って、いろいろなスタイルの食卓のコーディネートアイディアやポイントをご紹介します。

・秋の彩りランチテーブル 
「秋の彩りランチ」をテーマに、カジュアルに楽しむ大人スタイルのテーブルをご紹介します。
実際にこちらのテーブルでお食事やお茶の時間をお楽しみください。

【お申し込み】
お電話・ファックス・メールにて、お気軽にお申し込みください。
なお、ご希望の日時は第2希望までお書きくださいませ。
初めての方にもお気軽にご参加いただける内容といたしました。
皆様にお会いできることを、楽しみにお待ち申し上げております。


■イクタのひとこと
Abundanteでは、「和の器」を暮らしのスタイルに取り入れて、お洒落に活かすための器選び・遣い方・楽しみ方等などをご提案すると共に、器を中心にした食卓の「見立て・しつらえ(=テーブルコーディネート)」を、ご紹介していきます。
毎日の食卓に欠かせない日々の器から、おもてなしの席を華やかに彩る器までを、月々の歳時・用途・作り手など、さまざまな切り口からテーマを取り上げて…
器の魅力を愉しむアイディアやヒント満載で、器を知り・選び・遣い・楽しむ「器上手」さんになるためのレッスンです。


※関連記事 9/20 BonChic vol.5  9月末発売です » 別冊PLUS 1 LIVING へ・・・

by seido301 | 2011-09-25 11:52 | レッスン | Comments(4)
井川健 - 漆 - (祇をん 小西)
京都で素敵な作品展に伺ってまいりました。
以前から、一度行ってみたいと思っていた「祇をん小西」さん。
温習会を間近に控えにぎやかな祇園のなかで、一歩踏み込むと外の喧騒が嘘のように静かな落ち着いた空間が包み込んでくれました。


c0166872_10432594.jpg



そのなかでゆっくりと井川さんの作品にむかえる、素敵で上質な作品展です。
是非皆様も秋の京都にお運び下さいませ。


c0166872_10172177.jpg
DATA:井川健 - 漆 -
2011/9/24(sat) - 10/2(sun) am11:00 - 19:00
楽空間 祇をん小西 京都市東山区祇園花見小路四条下ル西側 075-561-1213




※ 井川健さんには、来年春ごろにAbundante企画をお願いしております。
ただいま、スケジュールの調整中ですので決定次第ご報告申し上げます。
皆様、お楽しみ~!
by seido301 | 2011-09-25 10:23 | 作品展 | Comments(0)
~掛花のススメ~
「秋の野に 咲きたる花を
     指折り(おゆびおり)かき数ふれば 七種(ななくさ)の花」
c0166872_9375830.jpg
萩の花 尾花 葛花 瞿麦の花 女郎花 また 藤袴(↑写真) 朝貌の花
(はぎのはな おばな くずはな なでしこのはな おみなえし また ふじばかま あさがおのはな)

万葉集で、山上憶良が選んだ秋の七草。 ちなみに、朝貌とは桔梗だそうですね。
いずれも、秋の野にある楚々とした可憐な草花ですね。
一輪を、そっと活けて愛でたい… そんな感じがいいのではないでしょうか。

    壁に一輪の花を
        ~掛花のススメ~


夏の間は、暑さで花を飾ってもすぐにクタッとなってしまうので、一輪の花もなかなか飾らずじまいでしたが、少しずつ涼しくなってきたので、気持ちに余裕が…
一輪挿しに入れて置くのもよいのですが、掛花入れに活けて壁に飾るのも風情があります。
c0166872_10305056.jpg
こちらは、服部竜也さんの掛花入れ。
渋かっこいい、新作の「黒錆銀彩掛花」です。
c0166872_10475052.jpg
竹内紘三さんの掛花入れは、石のような肌合いが特徴的。
まるで花がそこから生えてきたようにも見える、野趣に溢れた趣がいいですね。
c0166872_10563238.jpg
岩清水久生さんは、鉄とガラスを組み合わせて作られています。
水の滴のようなガラス部分と、直線的な錆鉄の組み合わせがモダンです。
掛花として出品されていたものに、無理をお願いして台座を作っていただきました。
畳に置いても、棚やチェストなどに置いても美しい佇まいを楽しませてくれます。
c0166872_1059498.jpg
若杉聖子さんの掛花入れは、女性らしい曲線のラインが美しくやさしい雰囲気です。

掛花は、一輪でも決まるのがうれしいポイント。
蔓のようなものや、垂れ下がるタイプのものを飾るのも素敵です。
c0166872_1182718.jpg
掛花ではないのですが、shimoo designさんのKABEDANAにも小さな花器が似合います。
升たかさんの小さい一輪挿しやミニミニ苔玉を飾って楽しんでいます。
c0166872_11101967.jpg


ぜひ、皆様も掛花アソバセ!

by seido301 | 2011-09-21 11:11 | 四季のうつわ | Comments(0)
BonChic vol.5  9月末発売です » 別冊PLUS 1 LIVING
Abundanteよりお知らせです!
  ~プラスワンリビング別冊「Bon Chic」掲載のお知らせ~
    BonChic vol.5  9月末発売です » BonChic 5
c0166872_11251878.jpg
9月末に発売のプラスワンリビング別冊「Bon Chic Vol.5」に、イクタのご提案するテーブルのしつらえやそのコツとアイディア、おすすめの器ワードローブなどの特集記事を掲載していただきます。
みなさまにご覧いただければうれしいです。

企画レッスンへのお問い合わせも多数頂戴しております。 誠にありがとうございます。
お知らせが大変遅くなっていて申し訳ございませんが、企画レッスンを10月中旬の開催予定で、只今スケジュール調整しております。
今週中には、メールや当ブログにてお知らせいたします。 ☆お楽しみに~!

「Bon Chic vol.5」でご紹介しているテーブルや、秋のテーブルコーディネートや器のお話などを中心に、レッスン後にはカジュアルランチもご用意する予定です。
皆様多数のご参加をお待ちしております。 どうぞよろしくお願いいたします。



※こちらは現在発売中の「BonChic vol.4」です!
c0166872_12141421.jpg
DATA: 「BonChic vol.4」 別冊PLUS 1 LIVING 主婦の友社 本体1400円+消費税
2011/3/6 発行 URL http://natural-life.shufunotomo.co.jp/


今日の芦屋は、朝から雨が強く振ったり弱まったりと台風の影響が見られます。
窓の外に見える小学校は、10時過ぎに下校の校内放送が流れていました。
台風の雨が続き、各地で警戒が続いています。
みなさまも、どうぞ十分にご注意くださいませ。

by seido301 | 2011-09-20 11:29 | お知らせ! | Comments(0)
CONRAN SHOP OSAKA OPEN!
c0166872_10255819.jpg

コンランショップ大阪店オープン!

インテリアファンなら皆さんご存知の「THE CONRAN SHOP」。
待望の大阪店が、西梅田BREEZE BREEZEに今日オープンです!

コンランショップが日本に出来た当時からのファンでしたが、
ようやく関西圏にもお目みえでウレシイウレシイ!
ディスプレイもとってもセンスがよくて大好きです。
ただ「ものを売る」だけでなく、その先のライフスタイルまでを想像させてしまうような
ショップです。

いろいろ楽しくなっている梅田界隈、お出かけ先のマストな場所が出来ました。
みなさまもぜひ!


by seido301 | 2011-09-16 10:29 | うつわ探し | Comments(0)
うつくしい木のかたち
~富井貴志さんの器~
c0166872_012387.jpg
8月のAbundanteは、お付き合いのある作家さんがたくさんお見えになりました。
その中のお一人が、konotamiの富井貴志さんです。

以前より富井さんには、来年1月にAbundanteとのコラボ企画をお願いしております。
今回打ち合わせも兼ねて、お忙しい中お越し下さいました。 (ありがとうございました)
木工作家として独立されたのは2008年だそうですが、今や年間10回を超える展示会をなさっているという富井さん… とてもしっかりしたものづくりをなさいます。

初めて富井さんの木の作品を拝見したときに、完成度の高さに感心しました。
シンプルな中にも品のある端正な佇まいが魅力で、その綺麗な形にまず目が留まります。
「ざっくり」というよりは「なめらか」で、隅々まで行き届いた仕上がりが本当に丁寧で美しいのです。 角度やラインの感じも実にきれいで、緻密なものづくりの姿勢が感じられます。
木という素材の力を、とても均整のとれたフォルムの中で美しく洗練された形で表現されています。

ご本人曰く、
「手に取った時に自然と微笑みを誘うもの。
使いこんで「自分のもの」としてクタクタになったときに、より惹きつけられるもの。
そういったことを指針にものづくりをしています。」

もともと、素材としての「木」の器が、大・大・大好きイクタです。
手に持って・口につけて使うことの多い和の器、木は軽くてやさしくて温くて美しい素材です。
素材そのものの表情がダイレクトに出ますし、使い込むうちにまたどんどんとそれが豊かに変化していきます。 食卓に木の器があると、なんだかほっとするというかやさしい雰囲気に包まれるような気が…。


以前にお願いしていて、お持ちいただいた器たち。
c0166872_22132132.jpg
c0166872_22171264.jpg
白の拭き漆のお皿。味わい深くてすごく上品です。
揚げ物なんかをちょこっとのせたい。
ろくろで作られたお皿は、端正さが際立ちます。 すごくバランスのいい形と質感です。

小さな器に刳物の魅力がぎゅっと詰まった豆皿です。
c0166872_041354.jpg
c0166872_052071.jpg
山桜の木を刳って拭き漆を施してあります。ベースになっているのは日本の家紋だとか。
鑿跡の手仕事感と立体的で手の込んだ形の組み合わせがツボです。
こういうちいさくて愛らしい形のものから取り入れてみるのもいいかも!ですね。
c0166872_07922.jpg
漆の盃は口当たりも手取りも抜群で、熱燗を入れても冷めにくくて持ちやすいのです。

少しずつ秋らしくなってきました。
食卓に木や漆の器を取り入れるのにはもってこいの時期です。 夏の器に木や漆のものをひとつ添えるだけでも、テーブルが初秋らしくなってきます。
朝ごはんのパンや果物のお皿を、まず木のものにしてみるのがおススメです。

来年の富井さんの企画が、今からとっても楽しみです。


e0160398_11294259.gifweb-shop MITATE 更新情報をお知らせいたします!

2011年9月8日 富井貴志さんの作品を、新しく追加いたしました!
作品をアップいたします!是非ご覧くださいませ。 → Click here!

by seido301 | 2011-09-08 00:09 | 作家さんのこと | Comments(2)
動物の謝肉祭…!?
~石黒剛一郎さんの銀彩SPOON~
    まずはご覧下さ~い!
c0166872_13561170.jpg

象、ゴリラ、熊、ライオン、バク、鵜… 極めつけは馬の帽子…? をかぶった男の子まで登場しちゃったこのすぷ~ん・スプーン・SPOON …
今年もイケヤンメンバーの石黒剛一郎さんが、制作された銀彩のSPOONです。
c0166872_14104710.jpg
石黒さんは、瀬戸で作陶されている作家さんです。
端正な青磁からキュートな色物まで、とっても幅広く手がけられています。
c0166872_1416361.jpg
ちなみに、この茶入れも石黒さん作ですが、マットな黄色にブルーの混じった地色が斬新・新鮮で、思わず手に取ってしまいました。

そんな石黒さんの作品を拝見していたら、とっても楽しげなものに目が留まりました。
銀彩のスプーンの先端には、何やらいろいろな動物がちょこんとついていて…。
ご本人にお尋ねしたところ、初めての甥っ子さん誕生に「銀のスプーン」をプレゼント… と思って制作されたとのこと。
なぜか妙に心魅かれて、ご無理を云って送っていただきました!
c0166872_13574778.jpg
ほのぼの笑えるでしょう~!
それぞれの動物さん、とってもキュートです。 ちょっときもかわいい子もいますが…

私のいちばんのお気に入りはバク。 バクが鎮座している台座には金彩もついています。
もうひとつのお気に入り、馬の帽子をかぶった男の子は表情も愉快です。
c0166872_14262179.jpg
カレースプーンくらいのサイズなので、ワンスプーンメニューなどに使ったら楽しいかな~、ウケルかな~などとスプーンを並べてみては、密かにニンマリ~妄想中です!



今日の芦屋も朝から雨模様… 大きな台風12号が、全国各地に大きな爪あとを残して
日本海へ!
まだ被害報告が、ニュースで映し出されていますが皆様のご無事をお祈りいたします。

by seido301 | 2011-09-05 15:13 | 作家さんのこと | Comments(0)



               イクタの器・LOVEな毎日
by seido301