<   2010年 11月 ( 14 )   > この月の画像一覧
Abundante福袋 販売いたします
Abundante 福袋販売のお知らせ

e0160398_20322647.jpg

今年も残りわずかとなってきました。
年末・年始は楽しいことがたくさん!
Abundanteからも「お楽しみ」のお知らせです。

一昨年年末に販売しました「Abundante 福袋」(詳細はこちら)今年もお届けします。

中身は器やランチョンマット・ナプキンなどのテーブルリネン、テーブル小物、インテリア雑貨などなど…。
Abundanteがレッスンや撮影などで数回使用したものを中心に、お得な内容での詰め合わせです。
イクタおすすめのコーディネートでセレクトしたアイテムを詰め合わせてお送りいたします。
開ければすぐにそのままセットで使っていただけるように、器・小物・テーブルリネンなどをコーディネートしてセットの上お届けです。
作家モノの和食器やブランド洋食器なども入ります。

☆価格:¥5000(送料は着払い)
1万5千円相当の品物が入っています。

☆数量:10セット

☆お申し込み方法:メール、FAXにて下記項目をご記入の上お申し込みください。
・お名前
・ご住所と電話番号
  
(プレゼントなどお送り先がご住所と異なる場合はその旨ご記入ください)
メールアドレス
・必要セット数
・メッセージ

(お好きなテイストや欲しいアイテムのリクエストなどがあれば)
※ただし、リクエストやご希望にすべて沿えるわけではございませんので、 
 その点はご了承ください。破損など以外の返品はご遠慮ください。


☆発送:12月15日から順次発送いたします。

メール確認後、折り返し受付け確認のメールをお送りします。
そちらに記載されている振込先に指定日までにお振込ください。
お振込確認後、12月15日より順次発送いたします。

皆様のお申込みをお待ちしております。


by seido301 | 2010-11-30 09:23 | お知らせ! | Comments(0)
レッスンのお知らせです

Abundante 12月レッスンのお知らせ ~クリスマスとお正月のテーブルレッスン~

c0166872_19215576.jpg

先日お知らせしました上記レッスンの詳細、
お問い合わせをいただいていますので再度アップいたします。

(会員様とメールアドレスを頂戴している方々にはメールマガジンにてご案内しております。)

Abundanteでは、クリスマスとお正月のテーブルをテーマにレッスンを開催いたします。
「クリスマスとお正月のテーブルレッスン ~四季を楽しむテーブルのしつらえ~」
c0166872_19372186.jpg
一年で一番のパーティーシーズン、ご家族やお友達とテーブルを囲んで楽しいひとときを過ごされるときのテーブルのアイディアやヒントがたくさんです。
c0166872_19452071.jpg
ぬくもりと華やかさの感じられるクリスマスのおもてなしのコーディネートや、伝統を踏まえながら「おうちスタイル」にアレンジしたお正月のテーブル…などをデモンストレーションスタイルでさまざまにご覧いただきます。
もちろん、クリスマスやお正月に使いたい器や小物もたくさんご紹介していきます。
この時期注目の「和の伝統美 漆器」アイテムもたくさん登場、さらに大注目の「あの方のあの器」もご覧いただく予定です。
今回は小さなクリスマスプレゼントもご用意しました。レッスン後はティータイムもお楽しみください。

開催日:
12月9日(木)・10日(金)・11日(土)・12日(日)・14日(火)・15日(水)
いずれも11:00~13:00
定員:各5~6名様

レッスン料: 
会員 4500円 / 一般5000円
ご友人・ご姉妹の方など、お申し込みの際に同伴の旨イクタまでお伝えください。
☆クリスマスプレゼント お茶とお菓子をご用意しています。
※ご注意!:キャンセル料は、前日及び当日は半額頂戴いたします。ご了承下さいませ。
    
内容:
クリスマスとお正月のテーブルのしつらえをテーマに、和洋さまざまな器やアイテムを使ってのコーディネート実例をデモンストレーション形式でご覧いただきレクチャーをいたします。
ご覧いただくテーブル(予定)は・・・
・華やぎと温もりのクリスマス ~クロスオーバーで楽しむ聖夜の食卓~ 
華やかさの中に家庭での食卓ならではの温もりの雰囲気も取り入れた、クロスオーバースタイルのコーディネートをご紹介します。
クリスマスの食卓に使いたい和洋の器やテーブルアイテム、花のアレンジやあしらいなど、クリスマスの楽しさをテーブルに散りばめたコーディネートのヒントがたくさんです。

・おうちスタイルのお正月 ~カジュアルスタイルの正月膳~
クラシカルなお正月の祝膳を、伝統を大切にしながら今様のライフスタイルに合わせてアレンジしたカジュアルな正月膳としてご紹介します。
アレンジして多用途に使えるお正月の器やこの時期豊富に出回る漆器など、おうちスタイルで楽しめるお正月に役立つアイテムやヒントもお楽しみに。
   
・冬の素材で遊ぶ豊かな食卓 ~手仕事の和・素材を使って クリスマス・お正月version~
温かさの感じられるさまざまな素材の冬の器を中心に、クリスマスやお正月のしつらえにふさわしい、手仕事の和の素材を使った食卓のコーディネートアイディアやポイントをご紹介します。

・冬のお茶時間 
ホッとくつろぐお茶のおもてなしのためのテーブルです。
実際にこちらのテーブルでお茶の時間をお楽しみください。

お申し込み:
お電話・ファックス・メールにてお申し込みください。
お申込受付しております!→Click here!よりどうぞ!
ご希望の日時は第2希望までお書きくださいませ。

初めての方にも気軽にご参加いただける内容といたしました。どうぞお気軽にお申し込みください。
皆様のご参加お待ちしております。


by seido301 | 2010-11-29 09:04 | レッスン | Comments(0)
マルチな才人 ~漆・土井宏友さん~
先日、難波の高島屋さんでの土井宏友さんの個展に伺ってきましたが、
素敵な作品がたくさんでした。
c0166872_9465050.jpg
漆LOVE・LOVEなイクタ、「あれもいい・これもいい」と目移りしてしまい、しばし興奮…。

土井さんは漆作家さん。大学で日本画を勉強された後に輪島で漆の修行をされたそうです。
初めて拝見したのは4,5年前でしたが、その多才さにはいつも感心してしまいます。
天才的な閃きの持ち主!といつもうなってしまいます。
漆と言えば「木」との組み合わせが一般的。紙や布に漆をかける技法もありますが、
土井さんは金属や皮革にも漆を塗って作品を作られます。
9000年も前からすでに塗料や接着剤として使われていたという「漆」、
その技法にもたくさんの種類があって驚くほどですが、
土井さんはさらに新しいものを生み出されています。
もちろん受け継がれてきた伝統技法のものもしっかり作られています。

c0166872_9483865.jpg
こちらは、「ケヤキ平角皿 銀朱」。
7寸角で、真ん中に向けて緩やかにわずかな窪みを描いた美しい形。
「銀朱」の朱色は鮮やかさの中に落ち着いた雰囲気が感じられる奥行きのある色です。
厚みのある器なのでお料理が盛り映えします。上品で華やか、格もある器。
モダンにもクラシックにも使える幅の広さもありますよね~。
クリスマスやお正月のテーブルにも活躍してくれそう。

c0166872_9513960.jpg
外側の塗りに錫の使われているおしゃれな端反椀。錫のシルバー色が渋くてめちゃくちゃ素敵です!
この形、すごく使いやすくてオススメです。
汁物だけでなく、煮物や和え物、ご飯、、デザートまでなんでもOK。
和のお料理だけでなく、洋や中華となんでもござれ。すごく重宝する形です。
洋食器と合わせてもとってもモダンでかっこいい。

c0166872_9532571.jpg
漆の器って、お料理がワンランクレベルアップして見えるように思います。自然と「ご馳走感」が出るというか…。
きちんと作られた本物の漆の器ならではの懐の深さでしょうか。

c0166872_9591120.jpg
イクタ個人的に「もうこれ絶対欲しい~」と燃えて(萌えて)しまったのがこちら。
「ケヤキ削り出し織部塗小皿」です。なんとまあ手の込んだキュートな小皿!…とため息モノです。
c0166872_1022957.jpg
本当に織部の緑釉のような深い緑ですが、これも漆だそうです。形も超好み。裏の脚まですべて削り出しで出来ているとは恐れ入りました!
こんなもの作れちゃうってホント天才です、土井さん。

やはり時節柄でしょうか、年末が近くなると漆器の展示が増えて作品展などの催しも多くなります。
一年で一番いろいろな漆器を目にすることができる時期と思います。
漆器は一年中使える本当にすばらしい器ですが、
「特別なもの」と敷居が高く思われる方も多かったり、「扱い方や手入れが難しいのでは?」と敬遠されたりするのはとても残念。
この時期を機会に、いろんな漆のうつわをご覧になっていただきたいと思います。
使ってみると美しくて丈夫で安全で長く使える本当にやさしい器なのです。
まずは使いまわしの利く気に入ったものを選んで、日々の器としていろいろな場面に使っていただきたいと思います。

土井さんの漆器、Web shop MITATEでもご紹介していきます。
お問い合わせなどはこちらまでどうぞ…!→Click here!

by seido301 | 2010-11-25 09:38 | 作家さんのこと | Comments(4)
テーブルの小さな素敵22  ~坂場圭十さんの色絵皿~
c0166872_22404625.jpg

先日伺った本町のミートディッシュさんで気になった坂場圭十さんの器…。
いろいろ迷って選んだのがこちら。
c0166872_9142337.jpg

ブルーの色がとても綺麗で印象的です。瑞々しくて伸びやかな絵付けは、ゆるり加減ときっちり加減がちょうどいいあんばいで、素敵です。
c0166872_22434372.jpg
坂場さん、華やかなものからクラシックなものまで、描かれる絵柄が幅広くて、どれもとっても品があります。
使われる色や絵付けにどこかモダンさも感じられて、それも新しい感覚です。

by seido301 | 2010-11-21 22:45 | 作家さんのこと | Comments(2)
届いています ~青木良太さんのjewelry~

器のネーミングにも作家さんの個性が表れます。
「なるほど!」といつも思うのが青木良太さん。
青木さんのさまざまな色釉の作品には、それぞれの色に名前がついています。
オレンジは「太陽」、深緑は「大地」、水色は「宙」、濃い青は「深海」などなど。
金色は「王様」赤は「王女様」ピンクは「お姫様」なんていうふうにイメージするものを名前にしたり、フランス語を使ってみたり…と、作品のコンセプトやイメージを作品名で表現するのがとても上手です。

c0166872_1439729.jpg
こちらは「ジュエリー(jewelry)」と名付けられた青木さんの杯。名前の通り、納得の美しさ!
お忙しい中お願いしていたのですが、先日Abundanteに届きました。

見込みの部分にできた結晶釉のきらきらした輝きはまさにジュエリーです。
淡い黄色の地色もどこか幻想的で美しく、全体にもきらめく小さな結晶がついています。
杯という小さな世界の中に広がる少宇宙のようです。
c0166872_14483281.jpg
お酒を注ぐと、見込みの結晶がさらにきらめいて豊かな表情になります。
酔いもここちよく、極上になりそう…。
クリスマスやお正月、お気に入りの器で至福の一杯、いかがでしょう~!

限定1個のみ販売いたします。
青木良太作 ジュエリー φ93×H35 ¥17850(税込)


ご希望の方やお問い合わせは!→Click here!よりどうぞ!
by seido301 | 2010-11-20 14:39 | お知らせ! | Comments(0)
久しぶりに… ~舎林さん&ミートディッシュさんへ~
平日はなかなか出かけられず、器屋さんやギャラリーへプライベートで行くのは
ほとんど土日です。
なので日曜休日のお店には、行きにくいのですが… 先日は久しぶりの平日のおでかけで、作品展とお店2軒を回りました。
街はもうすっかりクリスマスモードですね~!気持ちが浮き立つようです。

まずは阿倍野の「舎林」さんへ。漆の専門ギャラリーです。
c0166872_942516.jpg
「漆器」は器の中でも特別に好きです。無条件に心魅かれます。
器のギャラリーでは、漆器も何人かの作家さんの作品を扱われていますが、
舎林さんのように漆専門のギャラリーさんは珍しく、20人以上の作家さんの取り扱いがあるそうです。
イクタの好きな作家さんももちろんたくさん。
赤木明登さん、桐本泰一さん、伏見眞樹さん、高田晴之さん…などなどの器がずらりと並んでいて、「いいわ~」と軽く興奮です。アイテム別に展示されているので、たくさんの作り手のものを一同に見られて、いろいろ比べたりしながら選べるのがいいですね。
漆工房や漆サロンも併設されていて、漆を趣味で楽しみたい方の為の教室やいろいろな催しもなさっています。

次に難波高島屋へ。土井宏友さんの作品展に伺いました。土井さんは漆作家さんですが、漆とさまざまな素材を組み合わせた作品なども多くて、とっても多才。
c0166872_11304961.jpg
 
Abundanteで愛用の鉄製の脚付き膳も土井さんの作品です。
c0166872_23642100.jpg

今回の展示もとっても刺激的で魅力的~!一目惚れしてどうしても手元に…と思ってしまったものもありました。
それも含めて、土井さんについてはまた改めてご紹介いたします。

最後は本町へ移動して、ミートディッシュさんへ。
c0166872_9574945.jpg
10月にリニューアルオープンされて、靱公園からこちらへ。入りやすくてオープンな雰囲気になりました。
c0166872_9583695.jpg
小上がり風の畳スペースもあって店内はゆったりして心地よいのです。
取り扱いの作家さんの数も多くて、バラエティに富んでいます。
シンプルでカジュアルな雰囲気のものから絵付けのある楽しいもの、渋~いカッコイイものからかわいくてほのぼのするもの…と見ているだけでも楽しい!
器を組み合わせていろいろなスタイルで使う面白さを体験できそう…。
帰り道はすっかり暗くなっていましたが、器尽くしの一日に大満足!


by seido301 | 2010-11-20 09:38 | うつわ探し | Comments(0)
12月 ~クリスマスとお正月のテーブルレッスン~

Abundante 12月レッスンのお知らせ ~クリスマスとお正月のテーブルレッスン~

c0166872_19215576.jpg
忙しさの中にも気持ちの華やぐ季節になりました。クリスマスやお正月の楽しい集いの計画も次々と…ですね。
みなさま、どのようなプランを考えられているのでしょうか?
Abundanteでも、クリスマスとお正月のテーブルをテーマにレッスンを開催いたします。
「クリスマスとお正月のテーブルレッスン ~四季を楽しむテーブルのしつらえ~」
c0166872_19372186.jpg
一年で一番のパーティーシーズン、ご家族やお友達とテーブルを囲んで楽しいひとときを過ごされるときのテーブルのアイディアやヒントがたくさんです。
c0166872_19452071.jpg
ぬくもりと華やかさの感じられるクリスマスのおもてなしのコーディネートや、伝統を踏まえながら「おうちスタイル」にアレンジしたお正月のテーブル…などをデモンストレーションスタイルでさまざまにご覧いただきます。
もちろん、クリスマスやお正月に使いたい器や小物もたくさんご紹介していきます。
この時期注目の「和の伝統美 漆器」アイテムもたくさん登場、さらに大注目の「あの方のあの器」もご覧いただく予定です。
今回は小さなクリスマスプレゼントもご用意しました。レッスン後はティータイムもお楽しみください。

開催日:
12月9日(木)・10日(金)・11日(土)・12日(日)・14日(火)・15日(水)
いずれも11:00~13:00
定員:各5~6名様

レッスン料: 
会員 4500円 / 一般5000円
ご友人・ご姉妹の方など、お申し込みの際に同伴の旨イクタまでお伝えください。
☆クリスマスプレゼント お茶とお菓子をご用意しています。
※ご注意!:キャンセル料は、前日及び当日は半額頂戴いたします。ご了承下さいませ。
    
内容:
クリスマスとお正月のテーブルのしつらえをテーマに、和洋さまざまな器やアイテムを使ってのコーディネート実例をデモンストレーション形式でご覧いただきレクチャーをいたします。
ご覧いただくテーブル(予定)は・・・
・華やぎと温もりのクリスマス ~クロスオーバーで楽しむ聖夜の食卓~ 
華やかさの中に家庭での食卓ならではの温もりの雰囲気も取り入れた、クロスオーバースタイルのコーディネートをご紹介します。
クリスマスの食卓に使いたい和洋の器やテーブルアイテム、花のアレンジやあしらいなど、クリスマスの楽しさをテーブルに散りばめたコーディネートのヒントがたくさんです。

・おうちスタイルのお正月 ~カジュアルスタイルの正月膳~
クラシカルなお正月の祝膳を、伝統を大切にしながら今様のライフスタイルに合わせてアレンジしたカジュアルな正月膳としてご紹介します。
アレンジして多用途に使えるお正月の器やこの時期豊富に出回る漆器など、おうちスタイルで楽しめるお正月に役立つアイテムやヒントもお楽しみに。
   
・冬の素材で遊ぶ豊かな食卓 ~手仕事の和・素材を使って クリスマス・お正月version~
温かさの感じられるさまざまな素材の冬の器を中心に、クリスマスやお正月のしつらえにふさわしい、手仕事の和の素材を使った食卓のコーディネートアイディアやポイントをご紹介します。

・冬のお茶時間 
ホッとくつろぐお茶のおもてなしのためのテーブルです。
実際にこちらのテーブルでお茶の時間をお楽しみください。

お申し込み:
お電話・ファックス・メールにてお申し込みください。
お申込受付しております!→Click here!よりどうぞ!
ご希望の日時は第2希望までお書きくださいませ。

初めての方にも気軽にご参加いただける内容といたしました。どうぞお気軽にお申し込みください。
皆様のご参加お待ちしております。


by seido301 | 2010-11-18 19:27 | レッスン | Comments(2)
来年のカレンダー ~季の雲さんのオリジナルカレンダー~
今年もカウントダウンに入ってきたようで、一年を振り返るいろいろな催しが見受けられます。
私にとっては、来年用のものをあれこれ揃え始める時期でもあります。
カレンダーや手帖はまず最初に…。

c0166872_11142518.jpg
カレンダーは用途にあわせていくつか選びます。
仕事机の前のカレンダー、ここ数年は長浜の「季の雲」さんのカレンダーです。
とってもセンスがよくて大好き。
月毎にギャラリーにて展覧会が予定されている作家さんの作品写真になっています。
どなたも好きな作家さんばかりだし、写真もとっても雰囲気があって素敵です。
2011年版は、一枚ずつバラになっているので、その月が過ぎてもポスターのようにして楽しめます。
サイズも大き過ぎず小さ過ぎず、暦部分もシンプルでいいです。
1月、2月は今年の夏にオープンされた、季の雲ゲストハウス・ステイの室内の写真。3月からそれぞれの作家さんの作品写真なのですが、写真で「今月はこの方」と年間のスケジュールがわかるので便利です。
写真をパラパラして、「この月はぜひ行きたいなぁ~」とか「わ~っ、今年は〇〇さんの作品展がある!」とか、器好きな人にはきっとうれしいはず。

今年も季の雲のオーナー中村さんから、プレゼントでいただきました。
毎年この時期になると送ってくださって…ありがたいです。感謝!

もちろん購入出来ます。詳しくは季の雲さんのHPへ
「季の雲」さん、11月は岩清水久生さんの作品展が、12月は青木良太さんの作品展が開催されます。
c0166872_1144453.jpg
岩清水さんの展覧会のときは、景色盆栽「品品」の小林健二さんのおしゃれでモダンな景色盆栽も展示販売されるそうで、それも楽しみです。
どちらも絶対行きたいのです。作家さんの在廊日に~!


by seido301 | 2010-11-18 11:23 | お知らせ! | Comments(0)
Abundanteレッスンレポート! 2
服部竜也さんの器で美味しいレッスン
            ~大地の恵みで彩りフレンチ~
c0166872_10432283.jpg
テーブルは「秋の彩」を意識してしつらえてみました。
c0166872_10553630.jpg
黒線と流線の角板皿とカップを組み合わせてセッティング。この組合せ、ワンプレートディッシュにも使えて、カジュアルなお料理もお洒落に見えますよね。舞い散って大地に広がった木の葉のイメージで箸置きを選んだり、革紐で作った小さなリースに山帰来の実を添えて、秋の風情を演出してみたのですが…。
c0166872_10501266.jpg
アレンジは黄色やオレンジの花材を中心にこっくりした色合いでまとめました。花屋さんに行ったら、この時期ならではの葉物がいろいろ揃っていたので、万作を選びました。花器に使った鉄製の水汲み桶が、華のある色を落ち着いた雰囲気にまとめてくれました。
c0166872_10565280.jpg
松本さんのレシピも、今回はかわいらしい演出で。メニューには毎回ご主人作のイラストを使わせていただいています。

さ~て、お待ちかねのお料理のご紹介。付けられたタイトルにも注目くださいね。
○Amuse バターナッツとスパイス トリュフ
c0166872_10244195.jpg
スパイスの香りがちょっとエキゾチックなパン・デピスというケーキの上にバターナッツ(南瓜)のムースが添えてあります。そしてトリュフの香りがぜいたくなグジェールも。お味も見た目も本当に秋らしいAmuseです。
お土産にお渡しした黒線角皿に載せて。シックで素敵でしょ!お料理も器もこれから始まるメニューへの期待を誘ってくれます。
○Entrées 山と海
c0166872_1028858.jpg
一皿の中で山と海を。山のお料理はパテ・ド・カンパーニュ、海のお料理には天使のエビです。山と海の味のバランスが美味しくて彩りも美しい…。お野菜の美味しさもしっかり感じられるお料理でした。
楕円鉢に盛り付けられたのですが、クリームの方はやさしくやわらかな雰囲気に、黒の方は食材の色とのメリハリが効いたスタイリッシュな雰囲気にと、とても楽しめました。

○Légumes GG FARMさんの野菜スープ
c0166872_10595148.jpg
大地の香り、ごぼうのスープです。滋味深くてほっとするやさしいお味。松本さんのこだわりと丁寧さがいっぱい詰まった逸品スープでした。今回のお料理のお野菜はGG FARMさんのもの。秋の恵み、大地の力がたくさん詰まったお野菜たちは、松本さんの手によって素材の味を十二分に引き出されていきます。手をかけながらもそれぞれの持ち味を生かすように仕立てられたお料理は、食卓に何よりの豊かさを届けてくれるようです。
3種類のカップに入れて召し上がっていただきました。スープを飲むのにもちょうどいいサイズ。

○Plats 自然の贈り物と豚
c0166872_10174921.jpg
自然の贈り物というネーミングにふさわしい一皿でした。深まった秋の自然の中にある彩りのなんと美しいこと…。
ジャガイモのオフホワイト、ビーツの赤紫、インゲン豆の深い緑、ニンジンの橙…。
ゆっくりと焼き上げられた豚のロティは奥深い味わいで焼き加減も絶妙です。
角板皿をキャンバスのようにして盛り付けられていきます。シンプルでフラットなこのお皿、食材の色を引き立ててお料理にぴったりでした。角皿はおもてなしの時などちょっと改まった雰囲気にしたいときは、盛り付けがピタッと決まって便利ですね。

○Desserts 秋の味覚
c0166872_1155920.jpg

秋の三大大好物?! さつま芋、栗、カボチャの3つのアイスクリームと柿のキャラメリゼという、嬉しくて贅沢なデザートは満足感いっぱいですね~!アイスクリームの色合いがこっくり秋色でシック。素材の風味がしっかりする美味しさでした。お皿は角・丸いろいろに。

○Mignardise カヌレ・ド・ボルドー、ロミアス、オランジェット

カヌレは松本さんのフランスでの思い出が詰まったお菓子だそうです。このサイズが愛らしいですね。
ロミアスもお花のようなかわいい姿。オランジェットはオレンジピールとチョコの組合せが風味豊かで美味しいのです。一つずつ黒の小さなお皿に載ると、とたんにおめかしした表情になって、大人っぽくなります。

今回はワインを三種類とジュースもご用意くださったので、お料理に合わせてお好みで選んで楽しんでいただきました。ワインはどれも風味豊かで美味しいGGファームさんセレクトのハンガリーワインでした。

c0166872_22213823.jpg
今回のお料理は、深まり行く秋をイメージしたものばかりで、テーマにした「大地の恵みで彩りフレンチ」にぴったりのものでした。繊細ながら、素材の深みや持ち味を生かして引き出して力を感じさせる松本さんのお料理は、毎回新鮮な演出があって、たくさんの引き出しをお持ちのことがよ~くわかります。
いちばん美味しい状態で皆さんの口に入るように、丁寧に素材をいとおしみながらお料理されています。
多分ほとんど直感で、お料理と器との相性を考えられていると思うのですが、ピタッと決まるのも天性のセンス…ですね!今回も直前まで美味しい素材を考えて試作を重ねられているご様子を知って、本当に脱帽でした。
いつもありがとうございます!

服部さんは作品展が続いてお忙しい中、わがままな私のリクエストにもきちんと応えてくださって、本当にありがたかったです。真摯でひたむきに制作をされている結果が作品にもとても表れていたと思います。初めて服部さんの作品を拝見したとき、その技術と質の高さに感心したのですが、さらにどんどん磨きがかかっているような…
c0166872_1205969.jpg
細かな気配りと「一手間かける仕事が好き」と言われる言葉の通り、丁寧な仕上がりの器は本当に上質さを感じさせます。
土曜日の夜は新婚の奥様もご一緒してくださったのですが、ご夫妻お二人ともご参加の方たちと和やかに穏やかに時間を過ごしてくださいました。いとしのだんな様の作品で素敵なお料理、堪能してくださったと思います。

topに載せました玄関のお迎えのコスモスは、GGファームさんからいただきました。
とても元気なコスモスで、可憐ながら堂々とお役目を果たしてくれました。
c0166872_22261552.jpg
夜のしつらはキャンドルを中心に、秋の夜長はゆらゆら灯る灯りが心穏やかにリラックスさせてくれます。

ご参加くださった皆様には、ゆっくりとお楽しみいただけたでしょうか?
皆様の笑顔に本当に感謝です。
c0166872_22283570.jpg
服部さんご夫妻、松本さんも本当にありがとうございました。 去年に引き続いての開催で、チームワークもばっちり取れてきて嬉しいことです。

少しづつ冬が近づいてきて、「寒い」と思うようになりました。
あっという間に年の瀬を迎えてしまいそうですが、皆様お忙しい時期になりますね。どうぞ体調にお気をつけてお過ごしくださいませ。


by seido301 | 2010-11-16 10:35 | レッスン | Comments(0)
Abundanteレッスンレポート! 1
服部竜也さんの器で美味しいレッスン
            ~大地の恵みで彩りフレンチ~
c0166872_6175714.jpg
さくさくレッスンレポートを書くはずが…遅くなってしまいました。
画像も途中までですが…
お料理の画像などは、追って載せていきます!

11月に入って、少しずつ気忙しくなってくるようでなんとなくそわそわです。
そんな秋も深まった10月末、「服部竜也さんの器で美味しいレッスン ~大地の恵みで彩りフレンチ~」を開催いたしました。
台風の接近でお天気が心配でしたが、両日昼夜とも滞りなく開催できました。
ご参加くださった皆様、今回も本当にありがとうございました。
初めての方、毎回参加してくださる方、お久しぶりの方、皆さん和やかに過ごしていただけたようで、私たちもうれしい気持ちでいっぱいです。
ご主人様やフィアンセの方とご一緒にお出でくださった方もいらっしゃいました。
ほんわか仲睦まじいご様子を拝見して、みんな幸せムードに包まれちゃいました。

一足先にお料理をご担当いただいた松本さんが、レッスンの様子をblogでご紹介くださっています。
ご参加くださったsweet candleさんもblogでご紹介くださっています。
こちらのblogでも…
そして、イクタが熱く語っております「黒線角板皿」、こちらで素敵にご紹介いただいています。載せられた器との合わせがとってもきれい…。

松本さん、今回も秋らしい彩りに包まれた、美味しくておしゃれなお料理を数々ご紹介くださいました。
「アート」を感じさせるような仕立てのメニューがたくさんで、細部にまでこだわって本当に繊細に丁寧に作り上げられていく一皿一皿…
その過程を見るのも楽しくて、珍しい食材に興味津々、「この器にこういう盛り付け!」と、いちいち感動しながら拝見でした。服部さんの器ともぴったりな、スタイリッシュでオトナな雰囲気が漂うお料理はまさに上質!皆さん、お味にもセンスにも大満足されたことと思います。

レッスンに先立って届いた服部さんの器。 定番のものに加えて今年の新作やレッスンのためにお作り下さったスペシャルなものもあって、うれし~い!

真っ先に目に入ったのは、かっこいい流線角板皿。
深みのあるブラウンの地に白いラインが入っていてとても上品で、ピンストライプのスーツの生地を思わせます。
なんとびっくり! このライン、全部フリーハンドで描かれているそうです。
c0166872_1133352.jpg
クリームのカップと合わせると、秋のゆったりティータイムにもぴったりです。
c0166872_11445937.jpg
相変わらずうっとりするような綺麗なフォルムのポットは、縦型の形も端正です。
すでに何回もご紹介している黒線角板皿ですが、こうやって重ねたときの姿もバランス絶妙でいいのです。
クリスマスやお正月、おもてなしの時に活躍してくれそうなおしゃれなお皿です。
大きさのバリエーションがあるとコーディネートも決まります。
c0166872_027519.jpg
服部さんの抹茶碗は、渋かっこいい出色の逸品揃いです。
中でも瞬時に惹きつけられたのは「錆黒彩碗」と名づけられたこちら。
c0166872_037433.jpg
技量の高さが一目で見て取れる美しい形。
エッジの効いた薄く薄く挽かれた生地、高台の作りも凝っていて繊細です。 何より魅了されてしまったのが釉薬の妙です。 黒といぶした金色のようにも見える釉薬がグラデーションとなって、はっとするほど素晴らしいのです。
佇まいも凛としていて、オーラが出ているような存在感が…。
勢いと静寂のバランスが絶妙で、見れば見るほどうっとりでした。

静かな雰囲気をたたえた花器は、花の美しさを引き立てる灰釉の色と生けやすい形です。
c0166872_043786.jpg
おなじみ定番の器に加えて、新作・灰釉の細かな鎬が入った角皿や線刻のカップも素敵です。
飯椀は手取りのよい形で、秋の滋味を炊き込んだご飯を入れたら美味しそうですね。
c0166872_6111041.jpg
やっぱり今年も皆さんに一番人気だった楕円鉢シリーズ。どんなジャンルのお料理も受け止める懐の深い器です。
クリーム、流線、黒線とあります。このクリームの色って、秋冬には温かみが感じられて本当に重宝します。真っ白の器は、秋冬にはちょっとクールな印象が勝ってしまうことがあるのですが、柔らかなクリーム色はお料理を美味しそうに見せてほっと和む色です。根菜がたっぷり入った煮物はハイカライメージに、クリーム系でもデミグラス系でもシチューは抜群に相性よし、パスタやリゾットのイタリアンメニューも決まりますね~。
ラインの美しい洗練された形です。

新作の銀彩の器は形やサイズがいろいろ選べて、食卓が華やかになります。
クリスマスはシンプルなディナープレートと、お正月は漆器と合わせるときっと素敵!
ガラスとの相性もよいので、シンプルでモダンなテーブルにもどうぞ…
浅めの形は盛り付けが映えますね。
c0166872_653322.jpg
黒リムプレートはオーソドックな形ですが、載ったお料理がグレードアップするのです。
私のおススメは中華メニュー。食材の色の鮮やかな炒め物なんかを盛り付けると、シックに落ち着いておしゃれに見えちゃいます。
c0166872_6134212.jpg


by seido301 | 2010-11-13 21:35 | レッスン | Comments(0)



               イクタの器・LOVEな毎日
by seido301