おススメ雑誌  ~Casa BRUTUS & 関西の手仕事~
先日桜の記事を掲載してから、もっと暖かくなってるはずが・・・
東京では、雪の朝をむかえたかと! 寒暖の差が激しい中、体調を崩さないようみなさんも気をつけてくださいね!

器の特集や関連の記事があると、ついつい買ってしまう雑誌類。
新しい情報やトレンドを知るため…というのもありますが、自分の気に入っている作家さんやその作品、ギャラリーなどが紹介されているとそれだけで嬉しくなってしまって。

最近もいろいろ購入しましたが、まずはこちらがおススメ!
c0166872_10255850.jpg
Casa BRUTUS 5月号です。
表紙に躍るキャッチコピーにまずはワクワク!
「器こそ、わが人生」…はい、まさに私・・・イクタのことです。
「器ひとつで、人生はもっと楽しくなる」…そうなのです、そうなのです、まさに『わが意』を得たり!

さすがおしゃれ雑誌の「Casa BRUTUS」、切り口もいろいろに、器の魅力を紹介しています。
私が面白かったのは、村上隆さんが桃居の広瀬さんと対談している記事。
〝世界のムラカミ〟が日本の現代陶芸に夢中というのがまずはうれしいではありませんか~!
広瀬さんは、私も大尊敬の方ですが、その審美眼にはいつも敬服です。
お二人の語る「器観」がそれぞれに興味深くて、「そうそう、こういうことなんだよね」って頷くことしばしばでした。
他にも「使う」をテーマに、さまざまな人へのインタビューや、もちろん定番記事の作家さんやギャラリーの紹介も。

そして、アバンダンテでもたびたびご紹介している若杉聖子さんが、ミラノサローネで世界に紹介される「現代日本の工芸作家11人」に選ばれて紹介されていらっしゃるのもうれしい。
c0166872_10321911.jpg
そして「関西の手仕事」。
こちらはスタイリストちはるさんに教えてもらって、即購入。
器だけでなく、鞄や靴・アクセサリー・洋服・家具など、関西で活躍する若手作家を中心に彼らの手がけるモノ、そしてその仕事場を紹介しています。作り手を真ん中に置いて、ていねいにじっくり書かれた内容です。
手の仕事って素敵だな~、作り手の顔が見えるってよいな~と、改めて思います。
こちらにもアバンダンテでご紹介している作家さんや、私が個人的に好きな作家さんが載っていらっしゃいます。
富井貴志さん、村田森さん、新宮州三さん…などなど。
器以外にも興味を引かれる作家さんもたくさんで、それぞれのストーリーや想いが気負いなく静かに感じられて本当に訪ねたくなってしまいます。
アバンダンテでもご紹介できたらよいなぁと思う方もいらっしゃっいましたよ~!

まずは本屋さんで手に取ってパラパラしてくださいませ。

by seido301 | 2010-04-17 10:16 | お知らせ! | Comments(2)
Commented by ikkopu-jp at 2010-04-17 23:45
こんばんは^^
今朝こちらの記事を読んでものすごーく読みたくなり、今日紀伊国屋へ行った時に『Casa BRUTUS』を買おう!と思ったのに、子供達を追いかけ回しながらでは見つけられませんでした(涙)
村上隆さんと広瀬さんの対談もとても興味深いです〜♪♪
来週また探しに行きます^^
Commented by seido301 at 2010-04-18 12:10
ikkopuさん、こんにちは^^
「Casa BRUTUS」おススメですよ~♪ 村上隆さんと同じ器を使っていることが分かって喜ぶ単純な私…^^; 村上さん、器好きだそうで、ikkopuさんもお気に入りの横山拓也さんとかも愛用されているようですよ~!対談、すごく面白くて、わが意を得たりでした。 
最近器関係の本や特集記事が多くなったような気がします。よいことですよね~^^v 
<< 初春の京都うつわ巡り ~升 た... さくら・サクラ・桜・SAKUR... >>



               イクタの器・LOVEな毎日
by seido301