インクストーンプレート
皆様にぜひぜひご紹介したいアイテムが現れました!
イクタの好み独断ではありますが、すでにご覧いただいた方からの
「いいいですね~。欲しいなぁ!」のお声の後押しもあり、
このたびAbundanteから皆さんに、ご紹介できる運びとなりました。

お正月のしつらえで、松の景色盆栽を置いて…モダンな「和」の演出にはぴったりです!
c0166872_0105948.jpg

名づけてインクストーンプレート。
素材は硯に使う玄昌石と呼ばれる粘板岩を加工したものです。
(硯は英語で「インクストーン」っていうそうです)
石のプレートは陶磁器の質感とは違うクールさですが、人口素材のガラスともまた異なる
人の手の仕事が感じられる仕上がりで、和洋のジャンルを問わず料理を印象的に引き立てる新しい感覚の器と思います。

シンプルでスタイリッシュ、料理を乗せる以外にも用途はいろいろ。
インテリアの中でもさまざまなアイディアで使えるスグレモノです。

アンダープレートや折敷の感覚で、和洋どちらの器にも合います。
改まり過ぎない「きちんと感」が出せるのも、おもてなしなどにはうれしいポイントです。

小皿いろいろ乗せてトレーとしても。食卓が引き締まる感じ…
お造りや冷製の料理は、プレートをキーンと冷やして盛り付ければ冷たさもご馳走です。
チーズやパンプレートとしてもいい感じ。
八寸やオードブルを盛り合わせるのにも◎
薄手のフォルムですが、石の持つボリューム感が料理の見栄えをグレードアップさせます。
c0166872_0124676.jpg

サイズは正方形と長方形の2サイズをご提案します。
正方形 : 9寸 270×270×6(mm) / 長方形 : 270×120×6(mm)
どちらも使い勝手のよいサイズで、二つのサイズを組み合わせて使うのもおしゃれです!

天然石のプレートはヨーロッパでも新しい器の素材として注目されているそうですが、
日本の伝統的な工芸品が新しい形で食卓に登場するのもうれしいですね。

近々、インクストーンの販売につきましてはホームページinfo-blogにてご案内いたします。

ちなみに、この硯石のプレート、小山織さん著の↓でも紹介されています。
インスパイアード・シェイプス 「進化する“和”のモダン」
Inspired Shapes
Contemporary Designs for Japan's Ancient Crafts

小山 織 /著 桑田 瑞穂 /写真 チャールス・ウィプル /訳

[ 内 容 ]
日本の美の伝統的な工芸品に現代のセンスを盛り込んだアートブック。
陶器、木製家具から照明、竹製品、ガラス製品、織物など、日本の伝統美に新たな命を
吹き込む現代のアーティストに着目し、そのエキサイティングでダイナミックな作品を紹介。

by seido301 | 2009-02-10 00:33 | お知らせ! | Comments(0)
<< ☆黒青木☆ 新作お目見え! 匙、いろいろ >>



               イクタの器・LOVEな毎日
by seido301