村上 躍さま その1
村上躍作品展(神戸日々)
c0166872_11481099.jpg

1月31日(土)→2月6日(金) at エポカ ザ ショップ神戸
11:00→20:00最終日 (最終日18:00終了)
シャープなフォルムと手捻りの感触が魅力の村上躍さん。今回のテーマは、普段使いの器。
人気のポットをはじめ、カップやボール等々・・・毎日の暮らしを楽しむための器がたくさん並びます。
エポカ ザ ショップ神戸・日々:078-325-2552


ただいま神戸の「日々」さんで作品展開催中の村上躍さん。
「躍さま」とお呼びしたい素敵な方です・・・
躍さんの作品を初めて拝見したのは、7年ほど前でしょうか。
撮影の仕事で和の大皿を使いたくて、知り合いのギャラリーにお願いしていろいろ探して
いただいた中から、躍さんの角の大皿に引き寄せられました。

まさに「手の仕事」で作り出された器です。
表面の指跡から、ひとつひとつ土を押して出来た手作業が感じられます。
かと言って、無骨な荒々しさが表立って感じられる訳ではなく、むしろモダンで無機的な
クールさが際立ちます。
手跡をこれだけ見せることで曖昧さと緩さを残しながら、フォルムのラインは美しく、
そのバランスが絶妙です。
丁寧な仕事とすぐに分かるのですが、そこを強調し過ぎることなく、温かみがありながら
シンプルでスタイリッシュな作品を作られる…そのセンスが光ります。
c0166872_11491079.jpg

特に人気なのが急須。もちろん手びねりで丁寧に作られています。この手びねり感、一見、
「水切れは…?」と思ってしまうのですが、これがすごく上々。
お茶を注いだ後、注ぎ口の水が吸い込まれるように中に入り、垂れ落ちません。
注ぎ口の角度に工夫され、よく見ると分かる反しがポイントでしょうか…
行き届いた手仕事の技です。
c0166872_11483696.jpg

テクスチャーも独特です。鉄錆を思わせるもの、コンクリートのような質感のもの、炭化した
土のようなものなどなど…乾いて擦れた感じのする素材感は味わい深く、土のさまざまな
表情を見せています。

私も躍さんの器の大ファンで、作品展のたびに入手。
器の棚2段分くらいが「村上躍さんコーナー」になっています。
by seido301 | 2009-02-04 12:31 | お知らせ! | Comments(2)
Commented by salzburg-info at 2009-02-05 06:20

IKUTAさま☆

人気があるという急須、本当にかわいらしく、うなずけます。
しかも水切れが良いとは!
お皿もステキです。こういう器たちを長いテーブルに並べて、パーティーを演出してみたいものです。

lara
Commented by Abundante IKUTA at 2009-02-06 09:53 x
salzburg-infoさま

こんにちは^^
躍さんの急須は本当に優れものです。形も釉薬の感じもいろいろで、次々欲しくなってしまいます^^;
お皿や鉢も、すごくかっこよくていいですよ~!
「長いテーブルに並べてパーティー」素敵ですね!ヨーロッパの古い建物の中の広いお部屋と和の器、とってもよくマッチするような気がします。
<< 美濃弾丸工房探訪その5~大江憲... 美濃 新たなこころみ!(銀座日々) >>



               イクタの器・LOVEな毎日
by seido301